「千里馬民防衛」が襲撃関与か スペインの北朝鮮大使館

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】スペイン・マドリードの北朝鮮大使館が2月に襲撃された事件について、米紙ワシントン・ポストは15日、北朝鮮の金正恩体制打倒を訴える団体「千里馬民防衛」が関与していたと報じた。襲撃計画を知る関係者らの話としている。一部メディアが報じた、米中央情報局(CIA)との連携はなかったとしている。

 同団体は今月1日に「臨時政府」の発足を表明、北朝鮮を脱出した人々らに結束を呼び掛け、団体名を「自由朝鮮」に変更した。マレーシアで2017年、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄の金正男氏が殺害された後、息子のハンソル氏ら家族を保護したとされる。