スキーW杯複合、渡部暁9位 グルーバーV

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 前半飛躍を終え取材に応じる渡部暁斗=ショーナッハ(共同)

 【ショーナッハ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は16日、ドイツのショーナッハで個人第20戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は9位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS106メートル)で13位にとどまり、後半距離(10キロ)で追い上げたが、表彰台争いには絡めなかった。

 ベルンハルト・グルーバー(オーストリア)が3季ぶりに通算7勝目を挙げた。永井秀昭(岐阜日野自動車)は20位、山本涼太(早大)は26位、前半飛躍で105・5メートルを飛んで首位に立った渡部善斗(北野建設)は距離で振るわず、31位に終わった。