トヨタ車体初V、北国銀5連覇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 大崎電気―トヨタ車体 後半、トヨタ車体・渡部がシュートを決める=駒沢体育館

 ハンドボールの日本リーグ・プレーオフは17日、東京・駒沢体育館で決勝が行われ、男子はトヨタ車体(レギュラーシーズン3位)が4連覇を狙った大崎電気(同1位)を27―23で破って初優勝した。トヨタ車体は吉野の力強いシュートを軸に前半で17―11とリードを奪い、渡部の得点力も光って逃げ切った。

 女子は北国銀行(同1位)がオムロン(同3位)を29―20で下し、5季連続6度目の優勝を果たした。北国銀行は前半を15―13で折り返し、後半開始直後から横嶋を中心とした攻撃で4連続得点を奪って突き放した。