ゴーン前会長の勾留延長決定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 再逮捕前に撮影された動画で無実を訴える前日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者

 会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前日産自動車会長カルロス・ゴーン容疑者(65)について、東京地裁は12日、勾留を15日から8日間延長する決定をした。期限は22日。東京地検特捜部は10日間の延長を請求していた。弁護人は準抗告したが、退けられた。特捜部の事件で、検察側が求めた勾留日数が短縮されるのは異例。地裁は判断の理由を説明していない。

 ゴーン容疑者の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は「検察は既に十分な捜査をしており、勾留を続けても局面は変わらない。不合理だ」と地裁決定を批判した。