「東大にも性差別」と上野さん 入学式の祝辞で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 東大の入学式で祝辞を述べる、名誉教授で社会学者の上野千鶴子さん=12日、東京・日本武道館

 「社会に出れば性差別が横行しています。東大もその例の一つです」。12日に行われた東大入学式では、東大名誉教授で社会学者の上野千鶴子さんが祝辞で、性差別の根深さについて語った。世の中には頑張っても報われない人がいるとして「あなたたちの頑張りを自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」との願いも口にした。

 東大の今年の入学生3125人のうち女子は567人。セクハラなど性差別の問題に取り組んできた上野さんは壇上で、新入生の女子比率が長年「2割の壁」を越えないと指摘。教授などではさらに低く、歴代学長に女性はいないとした。