東京パラのピクトグラム発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2020年東京パラリンピック 主な競技別公式ピクトグラム フレームタイプ

 2020年東京パラリンピック開幕まで500日となった13日、大会組織委員会は競技種目を表す絵文字「ピクトグラム」23種類を発表した。五輪と同じく、「アスリートの躍動感を魅力的に伝える」をテーマにデザイナーの廣村正彰さんらのチームが担当。視覚障害の競技には目隠しの絵を入れ、車いす競技も分かりやすくデザインした。

 視覚障害者でも触れて認識できるように、ピクトグラムが点字のように立体的に印刷されたポスターを作製し、イベントなどで掲示する。小学生のパラリンピック教育の一環として、ピクトグラムを用いたかるたの制作も予定している。