ザンクトパウリ宮市が今季4点目 サッカー、ドイツ2部リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーのドイツ2部リーグは14日、各地で行われ、ザンクトパウリの宮市亮はホームのビーレフェルト戦で1点を追う後半3分に今季4点目を決めた。宮市は後半42分までプレーし、チームは1―1で引き分けた。キールの奥川雅也は1―1で引き分けたアウェーでのインゴルシュタット戦にフル出場した。

 昨年9月のドレスデン戦での負傷以降、長期離脱していたフュルトの井手口陽介は敵地のボーフム戦でベンチ入りしたが、出番はなくチームは2―3で敗れた。(共同)