金正恩氏は「人民の最高代表」 新たな枕詞、権限拡大か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【北京共同】北朝鮮国営メディアは14日、金正恩朝鮮労働党委員長が再任された国務委員長職について「朝鮮人民全体の最高代表者であり、共和国の最高指導者」と伝えた。「朝鮮人民全体の最高代表者」との表現は11日の最高人民会議から使われ始めた新たな枕詞で、憲法改正により国務委員長の権限が拡大された可能性がある。

 金正恩氏は3月に行われた5年ぶりの最高人民会議代議員選挙に出なかった。最高指導者が代議員に選出されなかったのは初めてで、統治体制の改編を準備しているとの見方が出ていた。