その他NIE

静電気の仕組み学ぶ 東舘小でスクールサイエンスショー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
静電気の仕組み学ぶ 東舘小でスクールサイエンスショー

静電気の仕組みなどを学んだ児童

 東北電力福島支店は19日、矢祭町の東舘小でスクールサイエンスショーを行い、児童が静電気について学んだ。

 同社の次世代支援プロジェクト「放課後ひろば」の一環。スクールサイエンスショーは今回が2回目。

 児童153人が参加。講師は、「科学のおねえさん」として全国各地で活躍している日本科学技術振興財団の鈴木まどかさん。早武真理子さんがアシスタントを務めた。鈴木さんは、マフラーでこすった風船を児童の髪の毛に当て、逆立つ様子から静電気が発生する仕組みを解説。電気のパワーなどを楽しく紹介した。