その他NIE

「エコ、発電 すごいね!」 津島小で新エネルギー教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「エコ、発電 すごいね!」 津島小で新エネルギー教室

熱伝発電の実験に取り組む児童ら

 浪江町の津島小で12日、新エネルギー教室が開かれ、子どもたちが化石燃料に代わる新エネルギーについて理解を深めた。つしま新エネルギー研究会の主催、同町の共催。

 教室には、同校の4年から6年生32人が出席。いわき明星大の東之弘教授、田中勝之助教と学生が講師を務めた。

 東教授が、ヒマラヤの氷河の現状やリンゴの生産適地の分布変化などを例に挙げ、加速度的に進む地球温暖化について分かりやすく説明。田中助教と学生らは、温度差で発電する熱伝発電や、水素と酸素の反応で発電する燃料電池について実験した。子どもたちは、実験を通して楽しく新エネルギーについて学んだ。