その他NIE

プロ棋士の戦法学ぶ 白河で児童対象に教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
プロ棋士の戦法学ぶ 白河で児童対象に教室

小学生に指導対局を行う伊藤五段と中倉女流二段

 プロ棋士を招いての「春休み子ども将棋教室」が13日、白河市中央福祉センターで開かれた。

 日本将棋連盟白河支部(長田嘉郎支部長)が主催。

 講師は日本将棋連盟の伊藤能五段とNHK杯将棋トーナメントの司会も務めた中倉宏美女流二段の2人。小学1年生から6年生まで12人が参加した。

 長田支部長が「プロ棋士との対局から得たものを将来に生かしてください」とあいさつした。子どもたちはあこがれのプロ棋士と対局し、プロの戦法に挑戦していた。

 この後、支部会員との指導対局も行われた。