その他NIE

看護の仕事に理解 高校生が一日体験

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
看護の仕事に理解 高校生が一日体験

「足浴」を体験する山下さん(右)と掘さん=有隣病院

 会津地域の各病院で27日、高校生を対象にした「一日看護体験」が行われ、参加者が看護の仕事に理解を深めた。

 【有隣病院】喜多方市の同病院では、同市の喜多方東高、喜多方桐桜高の生徒計8人が訪れ、看護師の指導でベッドメーキングやリネン交換、食事介助などを体験した。

 看護師が職業の選択肢の一つという喜多方東高2年の山下優芽さん、堀千莉奈さんは、入院している高齢者女性の足を洗う「足浴」を体験した。2人は、女性に優しく声を掛けながら、石けんで丁寧に足を洗った。

 女性から感謝の言葉を掛けられた山下さんは「喜んでもらえて、とてもうれしい」と笑顔で話した。