その他NIE

須賀川高の生徒らがパソコン使い児童に昔話を紹介

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
須賀川高の生徒らがパソコン使い児童に昔話を紹介

昔話に聞き入る児童ら

 須賀川市の須賀川高オフィス情報科の生徒たちは28日、同市の阿武隈小を訪れ、児童たちに昔話をパソコンを使って紹介した。

 オフィス情報科3年生の課題研究授業の一環として開いた。3年生10人が参加し、3、4年生の児童約150人に発表した。

 同市の昔話「太郎松と種まき桜」や、旧岩瀬村の「石仏と砂金」など6話を披露した。パソコンで作成した画像を液晶テレビで放映。画像の物語に沿い、生徒たちが紙芝居風に、登場人物になりきって驚きの声などを上げると、児童たちは笑い声を上げていた。