その他NIE

「七日町通り」のケーキ 若松商高生が開発、イベントで提供

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「七日町通り」のケーキ 若松商高生が開発、イベントで提供

オリジナルスイーツを配った若松商の生徒たち

 会津若松市の商店街「七日町通り」をイメージしたスイーツ開発に取り組んだ若松商高3年の生徒たちは15日、七日町通りで行われたイベント「まち歩きオープンカフェ」に参加し、完成したパウンドケーキ「まごころん」を配った。

 イベント利用券の購入者へ特典としてオリジナルスイーツをプレゼントした。「まごころん」は会津地鶏の卵やリンゴなど地元食材を使用し、生地にきな粉を入れることで七日町に合った和の雰囲気を表現した。製造には太郎庵が協力した。七日町通りの集客に貢献する商品に七日町通りまちなみ協議会の庄司裕副会長も「きな粉の風味が生き、協議会でも好評だった。生徒たちの発想力はすごい」と太鼓判を押していた。