その他NIE

生徒考案の逸品PR 平商高生が「よかっぺ市」出店

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生徒考案の逸品PR 平商高生が「よかっぺ市」出店

プロデュースした商品を販売する生徒たち

 いわき市の平商高流通ビジネス科の生徒たちは2月25、26の両日、同市四倉町の道の駅よつくら港で開かれた「よかっぺ市」に出店、生徒たちがプロデュースした商品をPRした。

 26日は、2年生4人が参加。東北復興に貢献しようと宮城県産のカツオを練り込んだかりんとう「かつりんとう」や、同市の玉屋菓子店と協力して作ったハート型のチョコどら焼きなどを販売した。商品のラベルには、フラガールズ甲子園に出場した同校のメンバーをモチーフにしたキャラクターや、いわき印刷企画センターの協力を得て「いわきひとまち百景」のイラストを取り入れた。

 参加した佐藤実紀さん(2年)は「どうしたら売れるのかなど、授業では分からないことを考えさせられた」と話した。