その他NIE

高校生が呼び掛け 郡山で「クリスマス献血フェスタ」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
高校生が呼び掛け 郡山で「クリスマス献血フェスタ」

市民らに風船など啓発グッズを手渡し、献血協力を求めた参加者ら

 郡山市の高校生クリスマス献血フェスタは24日、同市のイオンタウン郡山で開かれ、高校生ボランティアたちが献血を呼び掛けた。同日は、献血に103人、骨髄バンク登録に12人が協力した。

 高校生献血フェスタは7回目。例年3月に開催してきたが、今回は全国学生クリスマス献血キャンペーンと合わせて実施した。市内各高校のJRC委員会、同市の主催。高校の生徒、大学、専門学校の学生ら約20人がボランティアとして参加した。参加者は市民らにポケットティッシュや風船などの啓発グッズを配布し、献血に理解を求めた。会場には採血車2台が配車され、献血協力者には来年の卓上カレンダーなどをプレゼントした。

 開催に先立ち行われたセレモニーでは、ボランティアの吉田薫子さん、星奈津実さん(郡山高2年)が「より多くの人に献血の大切さを知ってもらえるように頑張りたい」と誓いの言葉を述べた。同市によると、現在はA、O型が特に不足している状況という。