その他NIE

カスタム車の国際審査で優秀賞 郡山の専門学生

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
カスタム車の国際審査で優秀賞 郡山の専門学生

優秀賞を受賞した作品と制作に当たった学生たち

 郡山市のWiZ国際情報工科大学校自動車車体工学科の学生たちは、11〜13日に千葉市の幕張メッセで開かれた「東京国際カスタムカーコンテスト2013」のコンセプトカー部門で優秀賞を受けた。

 同大会は大手自動車メーカーなども参加する大会。6度目の挑戦となった同校は最優秀賞のホンダに次いで、トヨタ自動車のチームに並び優秀賞に輝いた。

 同校のメンバーは代表の橋本孝太さん、三瓶修平さん、井上拓紀さん、渡辺一貴さん、緑川翔太さん、斎藤竜也さん、鈴木健人さんの7人。渡辺篤史さんの指導で出展作品の制作に当たった。

 7人は「エコかっこいい」をテーマとして、フォルクスワーゲンのVWビートルを電気自動車としてカスタマイズ。車高を工夫するなどデザイン性にも気を配り、「WiZ CONCEPT7 E--VW TYPE--1」を完成させたという。

 橋本さんは「想定外の驚き。(同大会で入賞という)子どものころからの夢がかなった。卒業制作も兼ねており、最高の思い出」と喜びを語った。受賞作品の同車両は、今後同校で展示されるという。