その他NIE

職場体験「夢への第一歩」 船引高が成果発表会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
職場体験「夢への第一歩」 船引高が成果発表会

実習の成果を発表する生徒

 船引高が田村市や市内の企業と連携して取り組む「デュアル実習」の成果発表会は19日、同市文化センターで開かれた。1年間を通し、企業での就業体験と授業を組み合わせた実習に参加した生徒が実習で身に付けた職業観などを発表した。

 スクリーンを使って実習先のスーパーや幼稚園、生活用品店などでの実習を振り返り、「専門的な知識を学び、夢への第一歩となった」などと感想を語った。

 発表会には市や学校、企業関係者らが出席した。冨塚市長、相良校長があいさつ。担当の米倉里香教諭が実習の意義を語った。同市のオールドハウスファームハウス都路代表の呑田理美子さんが講演した。

 同校は本年度、即戦力の職業人の育成を目指し市内の19事業所と協力して実習を行った。実習は本年度で4年目。