その他NIE

福島西ICで季節の花植栽 NEXCOと福島明成高

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島西ICで季節の花植栽 NEXCOと福島明成高

春の観光シーズンを前に南の玄関口を花で飾った生徒ら

 東日本高速道路(NEXCO)福島管理事務所と福島明成高は21日、福島市の東北道福島西インターチェンジ内で季節の花の植栽活動を行い、春の観光シーズン到来に向けて準備した。

 共同で年2回行っている行事。今回は、花見山も全面開放するなど観光シーズンに合わせて多くの観光客が予想されるため、予定を前倒しして植栽した。福島民友新聞社などが主催する花いっぱい運動にも昨年から参加している。

 植栽したのは、同校生約20人とNEXCO職員ら約30人。料金所前の敷地に赤やピンク、黄色のパンジーやノースポールなどを植えた。デザインは八重の桜と笑顔をテーマにした。

 デザインなどを手掛けた生物生産科の藤田菜穂子さん(2年)らによると、県外からの来訪者に本県の元気をPRする狙いがあるという。

 生徒らは花苗のポットを植え付け、県都の南の玄関口を花で飾ることに一役買った。

 引き続き、国道115号沿いの清掃活動にも取り組んだ。