その他NIE

光南高生が軽トラ市に出店 学びの成果、実習で発揮

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
光南高生が軽トラ市に出店 学びの成果、実習で発揮

「光南商店」の販売実習に挑戦した光南高の生徒5人

 光南高(矢吹町)の商業研究部に所属する2年生5人が20日、同町のJR矢吹駅前で開かれた「奥州街道やぶき軽トラ市」に地元特産品などを取り扱う「光南商店」を出店、地域住民らに地場産品の魅力を紹介、販売実習しながら交流を深め合った。

 「光南商店」で販売実習したのは、店長役の福田侑加さんをはじめ矢部くるみさん、鴫原歩さん、柳沼絢乃さん、金子潤さんの5人。軽トラ市には生徒が考案した「光南パン」や町特産グーズベリージャム、町のご当地キャラクター「やぶきじくん」ストラップなどを陳列、商品説明などの接客や販売の仕方などを体験した。

 福田さんは「軽トラ市への出店は初めて。授業で習った販売の大切さを念頭に一生懸命接客したい」と語り、あいにくの雨の中、仲間と一緒に「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」などと熱心に接客を続けていた。