その他NIE

鮮やか「シクラメン」 福島明成高生が販売会へ向け汗

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鮮やか「シクラメン」 福島明成高生が販売会へ向け汗

出荷準備が進む色彩豊かなシクラメン=11日、福島市・福島明成高

 福島市の福島明成高は11日、同校でシクラメンの手入れ実習を行い、生徒が販売会に向けて作業に汗を流した。

 生物生産科の3年生18人が昨秋、約30種の種をまき、育ててきた。赤や白、ピンクの色鮮やかで香り豊かな花を咲かせている。今夏は適度な暑さで、株が大きく育ち、出来栄えは良いという。

 2千鉢以上が並ぶ温室で、生徒は1鉢ずつ手に取り、鉢の中心に花が咲くようにする「葉組み」と呼ばれる仕上げの作業に取り組んだ。早川瑠美さん(18)は「お客さんにきれいなシクラメンを買ってもらいたい」と話し、心を込めて作業に当たっていた。

 販売会は20日午前9時から、同校で開かれる。