その他NIE

オリジナル菓子が完成 平商高生がプロデュース

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オリジナル菓子が完成 平商高生がプロデュース

新商品を手に笑みを浮かべる森田さん(左)と馬目さん

 いわき市の平商高流通ビジネス科の生徒たちは5日までに、フラガールをモチーフにした同校のオリジナルキャラクター「まりん」「あろは」「まはろ」を活用したオリジナル菓子のどら焼き「フラどら」と焼きドーナツ「トロピカル・フラドーナツ」の2商品をプロデュースした。

 地域活性化に向け、1日に卒業式を迎えた生徒たちの学びの集大成は9日、いわき明星大で開かれる日本青年会議所の「復興創造フォーラム」でお披露目される。

 新商品は、同市四倉町の玉屋菓子店の協力を得て開発。2種類ともに、味はココナツ、マンゴー、パイナップルの三つの味。価格は150円(税込み)。9日以後は、同菓子店で販売される予定。

 開発には、課題研究の「販売実習」「文章デザイン」の選択者約20人が携わり、味やラベルのデザイン、焼き印のデザインを手伝った。

 森田美琴さん、馬目泉希さんは、「みんながアイデアを持ち寄り、納得できる商品が完成した」と笑みを浮かべた。