その他NIE

福島明成高、即売会へ準備 「母の日」のカーネーション

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島明成高、即売会へ準備 「母の日」のカーネーション

咲き出したカーネーションの手入れをする生徒たち

 5月11日の「母の日」を前に、福島市の福島明成高(横山道夫校長)のガラス温室では5月5日のカーネーションの即売会に向けた準備が進んでいる。

 カーネーションの栽培は、同校生物生産科草花専攻班の2、3年生が中心となり、昨年9月中旬から育てている。5号鉢に植えられたカーネーションは16品種約2千鉢あり、人気色の赤やピンクなど色鮮やかな花を咲かせている。

 2年生の高野あゆみさんは「追肥など細かい作業をして花が立派に育つように作業してきた。花が好きな人に買ってもらいたいです」と話す。生徒たちは一つ一つカーネーションにタグを付けたり、葉の手入れなどをして作業をしていた。

 今年のカーネーションは春先の天候が良かったため、販売会の5月5日までには咲きそろった花を出せるという。