その他NIE

「こづゆにぎり」PR 開発の若松商高生が販売

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
こづゆにぎりを買い物客に紹介する生徒

 若松商高の生徒は5、6の両日、会津の郷土料理「こづゆ」をテーマに自分たちで開発したおにぎり「こづゆにぎり」を、会津若松市のリオン・ドール会津アピオ店で販売した。

 店内では、開発に携わった生徒17人がチラシ約500枚を来場者に配り、商品をPR。アンケートも行われ、結果などは来年1月の成果発表会で公表される。

 「こづゆにぎり」は商品開発の苦労を知ろうと授業の一環で4月から開発され、4日に発表会が開かれた。