子育てNIE

子育てに理解深める 南相馬で「ママ・パパ学習会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子育てに理解深める 南相馬で「ママ・パパ学習会」

講演する金谷教授

 子どもの発達をテーマにした「ママ・パパ学習会」は12日、南相馬市立中央図書館で開かれ、乳幼児を持つ母親らが子育てについて理解を深めた。

 日本臨床発達心理士会埼玉支部が、被災地支援として継続している取り組み。

 約20人の女性たちを前に、同支部長の金谷京子聖学院大教授が「発達と気になる行動」、同支部事務局長の須藤幸恵さんが「身辺自立のための工夫」をテーマに講演。金谷教授は、誕生から1カ月刻みで子どもの発達の特徴を解説。「乳児は移動運動ができるようになった後、指先などの操作運動が発達する。歩けないうちに手先の運動を学ばせようとしてもだめ」など事例を挙げ子育てへのアドバイスをした。