子育てNIE

紙コップのカレンダーできた! 新地で「子ども教室」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
紙コップのカレンダーできた! 新地で「子ども教室」

紙コップのカレンダー作りに挑戦する子どもたち

 新地町の相馬共同火力発電新地発電所わくわくランドで9日、紙コップを使ったカレンダー作り教室が開かれ、子どもたちが楽しみながら個性の光る作品を作り上げた。

 カレンダーは上部が曜日、下部が日にちで取り外しが可能な構造になっている。月ごとに曜日と数字を合わすことでいつまでも使うことができる。

 教室では同発電所職員のアドバイスを受けながら子どもたちが紙コップに絵を書き入れるなどして、自分だけのカレンダーを完成させた。