子育てNIE

子育てテーマに研修会 病気や障害の対応解説

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子育てテーマに研修会 病気や障害の対応解説

子育ての悩みや解決のこつなどを語った塚田さんの講演

 育児の悩みを解消するためのポイントなどを学ぶ「病児・病後児・障がい児の保育研修会」は17日、いわき市の市総合保健福祉センターで開かれ、子育てのこつや発達障害との関わり方などを解説した。いわき緊急サポートセンターの主催。

 研修会には子育て中の親や教育、保育に携わる関係者ら約20人が出席した。いわき准看護学校非常勤講師で助産師、保健師の資格を持つ塚田あけみさんが「子どもの発育・発達・病気」をテーマに講演。塚田さんは「マタニティーブルーは子育てに自分のイメージを持ち過ぎる真面目な人が陥りやすい。一番の薬は人と話すこと」と語り、子どもの発育に応じて生まれる問題と解決法を説明した。

 また発達障害や知的障害のある子どもとの関わり方についての講演も行われ、参加者が理解を深めていた。