子育てNIE

動物の壁画作り挑戦 若松で絵本作家招き体験講座

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
動物の壁画作り挑戦 若松で絵本作家招き体験講座

あべさんが描いた動物の絵に色を塗る子どもたち

 わくわく會津プロジェクト実行委員会と子どもプロジェクト21は7、8の両日、会津若松市で子どもたちを対象にしたワークショップを開いた。絵本作家のあべ弘士さんと三重県四日市市の子どもの本専門店「メリーゴーランド」店主の増田喜昭さんを講師に招き、動物の壁画作りに挑戦したり、動物の話を聞いた。

 絵本の素晴らしさなどを伝えようと開催した。リオン・ドールコーポレーションの協賛。

 初日は会津若松市の若松聖愛幼稚園にあべさんが来園。子どもたちに絵本や動物の話をした後、一緒に壁画作りを始め、あべさんが30センチ四方の板を並べた巨大な木製パネルにモモンガやヘビ、キツネなどの絵を描き、子どもたちが思い思いに色を塗った。壁画はリオン・ドールの店舗に展示するという。

 2日目は同市の河東学園小であべさんと増田さんが「ここでしか聞けない動物・絵本の話」をテーマに講演した。母親、保育士ら約100人が聴講。子どもが絵本に興味を持つためのきっかけづくりや、子どもの発想を大事にしようという2人の言葉に参加者は時折うなずきながら聞き入っていた。