子育てNIE

親子ら踏切の渡り方を学ぶ JR福島駅で安全教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
親子ら踏切の渡り方を学ぶ JR福島駅で安全教室

ホームで新幹線の連結などを見学する親子連れ

 JR東日本の「親と子のふみきり安全教室」は19日、福島市の福島保線技術センターとJR福島駅で開かれ、親子連れが踏切の渡り方を学び、新幹線を見学した。

 親子連れら23人が参加。踏み切りの正しい渡り方のビデオを見た後、模擬踏切を使い実践した。同駅の新幹線ホームに移動し、つばさ号が連結する場面や、はやぶさ号が駅を通過する瞬間を見た。

 子どもたちはJRの子ども用制服を着て笑顔を見せ、母親が我が子のかわいらしい姿を写真に収めていた。JR職員が参加者に文房具などJRオリジナルグッズをプレゼントした。