子育てNIE

"被災犬"と触れ合い、命の大切さ学ぶ 伊達の児童ら

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

原発事故の影響で保護された犬と触れ合う子どもたち

 伊達市霊山町の掛田小PTA(佐々木誠会長)は27日、同校で親子レクリエーションを開き、児童たちが原発事故の影響で保護された「被災犬」と触れ合い、命の大切さを学んだ。

 児童や保護者約230人が参加した。震災後、被災犬の保護活動に取り組むNPO法人SORAアニマルシェルター(菅野利枝代表)を招待。同NPOの会員が保護したり、預かりを受けた犬3匹を連れて訪れた。児童たちは列をつくって順番に犬と触れ合っていた。

 芋煮会も開かれ、児童と保護者が芋煮を味わいながら楽しい時間を過ごした。