子育てNIE

人形作りに親子で挑戦 南相馬でワークショップ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
人形作りに親子で挑戦 南相馬でワークショップ

スタッフ(左)の手ほどきを受け人形作りを楽しむ親子

 東日本大震災の被災地で芸術活動による子育て支援などを行っているNPO「アーツ・フォー・ホープ」(東京都)主催のワークショップ「ハッピードールプロジェクト」は15日、南相馬市のふくしまインドアパーク南相馬園で開かれ、親子が人形の手作りに挑戦した。

 同プロジェクトは、親子や仮設住宅の住民らに、身近な材料で人形作りを楽しんでもらう取り組み。

 この日は、母親と子どもたちが、スタッフの指導を受けながら、布の端切れや靴下などの材料で、思い思いに人形を作った。

 同市原町区の主婦は「思った以上に簡単で面白い。親子で楽しめる」と話していた。