子育てNIE

大道芸楽しい、園児たち挑戦 若松で笑顔プロジェクト

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大道芸楽しい、園児たち挑戦 若松で笑顔プロジェクト

大道芸に挑戦する園児たち

 東日本大震災復興支援「子どもの笑顔・元気プロジェクト〜笑顔バスがゆく〜」は19日、会津若松市の会津婦人保育園で開かれ、園児たちが笑顔あふれる大道芸パフォーマンスを楽しんだ。

 日本ホスピタルクラウン協会のロイさんとぴとーさんの2人がショーを行った。2人はコミカルな動きを織り交ぜながらマジックや風船などで動物を作るバルーンアート、皿回しといった大道芸を繰り広げ、会場を大いに沸かせた。園児たちも大道芸に挑戦。大勢のお友達の前で皿回しを成功させるなど大いに盛り上がった。この取り組みは「NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会」と宮城県の「プランニング開」が被災地支援として運営する「笑顔バス」の活動の一環。音楽家やパフォーマーがバスに乗って本県など各被災地を回っている。