子育てNIE

「きたかた子どもステーション」入場者が2万人を突破

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「きたかた子どもステーション」入場者が2万人を突破

星代表(前列左)らの歓迎を受ける2万人目の入場者となった長谷川茉歩ちゃん(前列中央)と母親の真理さん(前列右)

 きたかた子育てサポート・センター(星朋子代表)が喜多方市のふれあい通りで無料開放している「きたかた子どもステーション」の入場者が7日、延べ2万人を達成した。

 2万人目の入場者となったのは同市の長谷川茉歩ちゃん。母親の真理さんと一緒に訪れた。記念セレモニーでは、星代表が縫いぐるみをプレゼントした。真理さんは「週に1、2回来ています。土、日曜日も利用できるので大変助かっています」と話した。

 きたかた子どもステーションは2009(平成21)年4月25日にオープン。保護者同伴であれば、誰でも自由に利用できる。毎月300〜400人の親子連れが利用しているという。

 星代表は「きたかた子どもステーションを利用してお父さん、お母さん、お子さんに笑顔になってもらいたい」と話している。