子育てNIE

マッサージや育児相談好評 福島で「エコチルふれあい会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
マッサージや育児相談好評 福島で「エコチルふれあい会」

参加者との触れ合いで笑顔を見せる子どもと両親

 福島医大とエコチル調査福島ユニットセンターは4月30日、福島市のA・O・Z(アオウゼ)で本年度初の「エコチルふれあい会」を開き、集まった県北地域の生後6カ月の子どもと保護者にベビーマッサージの実践や育児相談などを行い好評を博した。

 エコチル調査は2011(平成23)年1月から始まった。近年の子どもの病気と化学物質などの関係性を明らかにし、将来の子どもたちに役立てようとする調査で、本県では約1万3000人が参加。同意した妊婦に協力してもらい、子どもが胎児から13歳になるまで、子どもの成長や食事、住環境、子育て期間の母親の心境などを、半年に1回質問紙に回答してもらい調査する。

 同会はエコチル調査に協力している親子を対象に、子育て支援の一環で11年から開かれている。今年は県内各地で34回開催する予定。今回は、同センターの指導員がオイルを使ったベビーマッサージや体操などを指導。橋本浩一同センター長(福島医大准教授)は子どものワクチン接種などについて説明し、育児の不安に応えた。

 参加した母親の一人は、「同世代の子どもや親と交流できたり、情報がもらえたりして助かる」と笑顔をみせた。