子育てNIE

"子どもの遊び場"提供 白河に「いきいきこどもひろば」オープン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

パズルで遊ぶ子どもたち

 白河市本町のマイタウン白河で24日、「いきいきこどもひろば」がオープンした。パズルや卓球、フラフープなどで遊ぶ子どもたちの笑顔があふれた。

 東日本大震災後、外で遊ぶ機会が減っている子どもたちに遊び場を提供しようと、同施設指定管理者の楽市白河が開いており、3年目。県地域づくり総合支援事業の補助を受けている。8月24日までの期間限定で、ボールプール、DVD観賞コーナー、ホッピングやフラフープ、将棋やオセロなど多彩な遊具や遊び場を設ける。入場無料。

 また、パソコンやだるまの絵付け体験など8教室を開く。陶芸、料理教室以外は定員に余裕がある。参加費は全講座500円。