子育てNIE

「子育て支援新制度」導入で意見交わす 福島でフォーラム

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「子育て支援新制度」導入で意見交わす 福島でフォーラム

子育て支援新制度について意見を交わす小林市長(右)ら

 来年4月に始まる「子ども・子育て支援新制度」に関するフォーラムが2日、福島市で開かれ、関係者が新制度導入に向け意見を交わした。内閣府、文部科学省、厚生労働省の主催。

 子育て支援の関係者や保護者ら約280人が参加。森雅子少子化担当相(参院福島選挙区)があいさつし、都市部の待機児童解消に加え、過疎地域の子育て支援にもつながる小規模保育などの育児支援や、結婚、妊娠、出産と切れ目ない支援の少子化対策など、政府の重点施策について説明した。

 パネルディスカッションでは、西内みなみ桜の聖母短大教授をコーディネーターに小林香福島市長、古渡一秀全国認定こども園協会副代表理事らが登壇。子育て施策や新制度への期待などに関しそれぞれの考えを述べた。