子育てNIE

砂場遊び、ボールプール人気 川俣・子どもの屋内運動場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
運動場内の砂場で元気いっぱいに遊ぶ来場した子どもたち

 ボールプールなどの遊具が設置された「川俣町子どもの屋内運動場」が12日に開館し、18日で1週間が経過した。休館日を除いた6日間での来場者は565人で、堅調な動き出しとなった。

 町によると、同運動場で人気を集めているのが、ケイ素を加工した白い砂場とボールプール。子どもたちは元気いっぱいに笑顔で楽しんでいる。

 屋内運動場は旧川俣精練跡地の2階建て事務所を活用した。開館日は古川道郎町長ら関係者がテープカットを行い、開館を祝った。町は「ほぼ想定内の来場数。より楽しんでもらえるよう運営したい」としている。

 利用時間は1日3回の入れ替え制で午前10時~午後4時。対象は小学生以下。休館日は木曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始。