子育てNIE

楽しい遊具いっぱい 福島!親子の元気づくり広場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
楽しい遊具いっぱい 福島!親子の元気づくり広場

「ボールプール」で思いっきり遊ぶ子どもたち

 福島市私立幼稚園協会(三宅俊達理事長)は27日、福島市のウィル福島で本年度1回目の「福島!親子の元気づくり広場」を開き、子どもたちが多彩な遊具で元気いっぱいに体を動かした。同市と幼児体育研究所東北指導本部の共催。

 同協会の子育て支援事業の一環で、東京電力福島第1原発事故の影響から屋外で活動する機会が少ない子どもたちに思い切り体を動かして遊んでもらおうと毎年開いている。

 会場では、子どもたちがエアトランポリンの「エアキャッスル」、約3千個のボールが入った「ボールプール」などで保護者らと遊び、楽しいひとときを過ごした。また、子どもたちの柔軟性や瞬発力、筋力を測る運動能力テストが行われたほか、コントラバスとピアノの演奏も披露された。