子育てNIE

「育児と読書」語り合う 若松で読み聞かせ会員が助言

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「育児と読書」語り合う 若松で読み聞かせ会員が助言

悩みや体験談などを話し合った子育てトークカフェ

 会津若松市の会津稽古堂で16日、市民講座「親のカタリバ 子育てトークカフェ」が開かれ、市内の子育て中の親たちが読書体験の話題を中心に、育児について話し合った。

 子育てについて気軽に話し合える場をつくろうと、3年前から開いている。11月まで毎月第3木曜にゲストを招いて開く予定で、今回は同市の読み聞かせグループ「おはなしのへや」の会員4人が参加した。

 さまざまな年代の子どもを抱える親4人が集まり「子どもが本を読まない」「読む本が偏っている」などそれぞれの心配事などを話した。会員は「偏っても何か一つのことに興味を持つのはいいこと。本を読ませるには、まずはお母さんが本を楽しんで」などとアドバイス。絵本を使った子育てについて紹介した。