子育てNIE

「大人が子どもの手本に」 伊達で"子育ての環境考える"教室

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「大人が子どもの手本に」 伊達で

講演する矢野さん

 伊達市は5日、同市の保原市民センターで「すこやか運動教室講座」を開いた。スポーツ科学修士の矢野史也さんが「生きるチカラを大人が作る〜子どもを健やかに育む環境づくり」と題して講演した。

 震災後の子どもの肥満傾向や体力低下を改善するため、大人ができることについて考えてもらおうと企画した。

 矢野さんは姿勢や立ち方、座り方を実演しながら「意識を変えれば動作が変わる。大人が生き生きとすることで子どもの手本となってほしい」と呼び掛けた。