子育てNIE

"すくすく育ってね" いわき・愛宕花園神社で「子育詣り」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもの健やかな成長を願った「子育詣り」

 いわき市平下神谷の愛宕花園神社(吉田仁一宮司)の子育詣(ごだちまい)りは1日、同神社で行われ、子どもの健やかな成長を願う家族連れでにぎわった。

 子育詣りは同神社に古くから伝わる特殊な祭りで、子どもたちが歩き始める「子立ち」と子育ての言葉が混じって名付けられた。本来は歩き始める数え年2歳を迎えた男の子と女の子が対象で、同神社の秋季大祭に合わせた10月1日にお参りをすると、健やかな成長と一生の幸運が授けられるといわれる。

 神楽殿では地元の児童らが稚児舞を奉納し、本殿では祈祷(きとう)が行われた。お参りした家族連れらは御利益を求め、神前に手を合わせ静かに祈っていた。