子育てNIE

「子育て支援新制度」の課題探る 若松で幼児教育振興協

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あいさつする上嶋会長

 会津若松市幼児教育振興協会(上嶋啓子会長)は28日、同市のルネッサンス中の島で幼児教育振興懇談会を開き、参加者が子ども子育て支援新制度の課題について話し合った。

 保育関係者や市議ら約50人が参加。上嶋会長が「幼児教育の充実という点でみると、取り組みは不十分。行政と連携して状況を改善したい」、仁平直樹同市幼児教育振興保護者連絡協議会長が「子育てする中での実直な意見を届けたい」とあいさつした。

 新制度の施行による変更点や、同市子ども・子育て会議の内容などを確認した後、参加者が幼児教育や子育ての在り方について話し合った。懇親会も開き、親睦を深めた。