子育てNIE

ひとり親の子ども支援 郡山に施設「こぶたのポッケ」開所へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は4日、郡山市安積町に、ひとり親家庭の小学生の生活・学習習慣を支援する施設「こぶたのポッケ」を開所する。同日午前10時から開所式を行う。

 子どもの貧困対策を加え、県が改定した子育て支援計画「新生子ども夢プラン」の一環。運営は同市のNPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島」に委託する。スタッフは福島大と桜の聖母短大の学生4人、コーディネーター、運営管理者、調理師の資格を持つ支援員2人の計8人。

 宿題や勉強の進め方を教えて学習習慣の向上を図るほか、調理実習や洗濯、掃除などを通して生活指導を行う。悩み相談にも応じる。

 定員20人程度に対し、現在、小学生10人が登録。開所時間は毎週土曜日の午前9時~午後5時。夏休み、冬休み、春休み期間は同時間、毎日実施する。