子育てNIE

赤ちゃん先生に学ぶ 郡山で授業、生徒が命の大切さ感じる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子どもたちと触れ合う生徒

 NPO法人ママの働き方応援隊は15日、郡山市のKTC中央高等学院郡山キャンパスで、生徒と赤ちゃんが触れ合う「赤ちゃん先生による授業」を行った。参加した生徒が命の尊さを学んだ。

 生徒に命の大切さを感じてもらい、自分自身の存在意義を見つめ直すきっかけにしてもらおうと開かれ、同法人福島校から親子4組が訪問。同キャンパスからは生徒約20人が参加した。

 生徒は、1~2歳の子どもと手遊びや歌を楽しんだ。妊娠中のエコー写真も見るなどし、妊娠や出産、育児などについて学んでいた。