子育てNIE

母子手帳記録を「スマホ」で 会津若松市で16日スタート、県内初

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「母子健康情報サービス」のスマートフォンでの画面イメージ

 会津若松市は16日、母子健康手帳に記録した子どもの健診結果や予防接種履歴などがパソコンやスマートフォンで確認できる「母子健康情報サービス」を始める。市によると、県内初の取り組みという。

 出産・子育てを支援するのが狙い。母子手帳に記載される乳幼児健診や予防接種について確認できるほか、予防接種予定日の知らせや市政情報、妊娠週数、月齢に合わせた情報などを受け取れる機能がある。

 対象は同市に住民登録のある妊娠中・子育て中の人。利用するには、市の個人向け地域情報ポータルサイト「会津若松プラス」に登録し、市健康増進課または乳幼児健診会場の窓口での本人確認が必要となる。

 マイナンバーカード(個人番号カード)を持っていれば、窓口での本人確認なしで登録可能。市の担当者は「市民の出産や子育て環境をサポートしていきたい」としている。問い合わせは市健康増進課(電話0242・39・1245)へ。