子育てNIE

子育て支援の新拠点 白河に「おでかけたんぽぽ」開所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
開所したばかりの会場で早速遊びを楽しむ親子ら

 白河市のサンフレッシュ白河に13日、新たな子育て支援拠点「おでかけたんぽぽ」が開所した。現地で同日、開所式が行われ、関係者や利用する親子らが待望の拠点の誕生を祝った。

 おでかけたんぽぽは、同市郭内の地域子育て支援拠点「たんぽぽサロン」の出張ひろばとして開所。NPO法人子育て環境を考える虹の会(永野美代子理事長)が運営し、毎週月曜と木曜に活動する。

 開所式では、鈴木正市保健福祉部長、永野理事長があいさつした後、テープカットを行った。その後は早速、子どもたちが保護者やスタッフと共に遊んだほか、市公認キャラクター「しらかわん」との交流を楽しんだ。

 活動場所は同施設内に移転した市ファミリーサポートセンターと同じ部屋で、時間は午前10時~午後3時。市内在住のおおむね4歳未満の乳幼児とその保護者を対象に展開する。問い合わせはたんぽぽサロン(電話0248・21・7337)へ。