子育てNIE

子育て支援認定で通知書 東邦銀行とニノテックに福島労働局

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
交付式に臨んだ(左から)戸田室長、北村頭取、島浦局長、伊藤部長、佐藤係長

 福島労働局は24日、従業員の子育て支援に熱心に取り組み「プラチナくるみん」に認定された東邦銀行に通知書を交付した。今年4月にくるみん認定制度の基準が厳格化されてから、「プラチナくるみん」に認定された企業は東北初。

 ニノテック(郡山市)には「くるみん」認定の通知書を交付した。

 福島市で交付式が行われ、東邦銀行の北村清士頭取、ニノテックの伊藤善久総務部長が、島浦幸夫局長から通知書を受けた。

 東邦銀行は事業所内の保育施設設置や男性の育児参加に向けた職場環境の整備、ニノテックは従業員の円滑な育児休業や職場復帰の支援のため面談・情報提供などが評価された。

 北村頭取は「一企業として社員をサポートすることが大きなテーマ。引き続き、しっかりと向き合っていきたい」、伊藤総務部長は「女性が『すみません』の言葉を言わずに笑顔で帰れるような職場環境をつくっていきたい」とそれぞれあいさつした。

 ニノテックの佐藤陽一人事教育課係長、東邦銀行の戸田満紀子ダイバーシティ推進室長・パートナー支援室長が同席した。