子育てNIE

子育て世帯の孤立防止へ 家庭訪問型支援で研修会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
子育て中の親の孤立を防ぐボランティアの重要性を学んだ参加者

 県は15日、家庭訪問型子育て支援「ホームスタート」の研修会をいわき市で開き、妊娠期から子育て中の親への切れ目のない支援について民間団体に積極的な活動を求めた。

 ホームスタートは未就学児がいる家庭を訪問し、子育て中の親の孤立化を防ぐボランティア活動。福島ホームスタート推進協議会と連携した研修会には、いわき市を中心に県内の子育て支援団体と市町村から約50人が出席した。

 ホームスタートさくらんぼ(本宮市)と、同団体に事業委託している本宮市が取り組みを紹介。平野智市子ども福祉課長が「行政だけでは埋めきれない部分を連携して支援できれば大きな力になる」と説明した。

 また下山田鮎美東北福祉大准教授が、子育て世帯を孤立させないために必要な地域支援について講話した。研修会は、10月に喜多方市、11月に郡山市でも予定している。