子育てNIE

大人も楽しい『外遊び』 保育士ら向けセミナーで大切さ再認識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
たにぞうさん(右)の指導で手遊びに挑戦する参加者

 幼児教育に携わる人が子どもの遊ばせ方を学ぶ「ふくしまっこ育成セミナー」が19日、白河市で開かれた。幼稚園教諭や保育士ら約110人が外遊びの大切さを再確認した。

 県、福島民友新聞社の主催、県教委、県私立幼稚園・認定こども園連合会などの後援、エイベックス・グループ、ウェルズホームの協力。桑折町に続き3会場目の開催となった。

 2部構成で行われ、1部ではこども環境学会(東京都)の神谷明宏副会長が講師の「遊び力育成講座」が開かれた。神谷さんは「大人も楽しみながら子どもと遊んでほしい」と述べ、野外活動の重要性などを説いた。2部には、NHK・Eテレの子ども番組「おかあさんといっしょ」への楽曲提供や振り付け指導で知られる、たにぞうさんが登場。子どもと一緒に楽しめるダンスや体遊びなどを披露し、来場者が「心を育む遊び」を体感した。