子育てNIE

働きやすい環境を 福装21が委託女性対象にワークショップ開所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 相双地区で雇用の確保が難しくなっていることを受け、同地区の民間企業でも女性の働きやすい環境づくりを進める企業が出てきている。相馬市の高級婦人服製造業「福装21」は28日、南相馬市鹿島区の鹿島ファクトリーにキッズスペース「ママ&キッズのワークショップ」を開所した。

 社内で母親が作業をする傍ら、子どもたちを遊ばせられるスペースを設けることで、女性の労働力確保や業績向上などにつなげる考えだ。

 同スペースは業務委託の女性が対象で利用者は現在6人。同社は15人程度までの受け入れが可能としている。

 相馬市の女性(27)は2人の子どもを連れて利用。「以前は自宅で仕事をしていたが、集中してできなかった。ここでは安心して子どもたちも遊ばせられるし、同世代の母親たちもいる」と満足している様子だった。